-

車を所有している人ならば承知だのはずですが自動車税が課税されます。

そしてこれは査定に出す自動車売却の際に当然のように戻ってくるのです。

こういった内容は実際に実行したら頭に入ってくると思いますがそれでは最初から順に簡易的に案内します。

ちなみに注意書きするならば国産で生産された車のみに限らず海外の車などでも税が返還される対象に決まっています。

自動車などもそうです。

自動車税というのは車を所有する人が支払い義務を負う税なのですが、税額はそれぞれの排気量の大きさにより規定されています。

1リッターより低いなら29500円、1リッターより上で1.5リッター以下までであれば34500円です。

その後は500cc毎に5000円ずつが乗ってきます。

それから自動車税は4月1日時点で車を保有している人が以後一年分の全額を支払うように定められています。

つまりは前払いになるので当然ですがクルマを引き取ってもらって所有権を手放した場合などは先払いした分のお金は還ってくる事を意味します。

この税は先払いでその年度の自動車税を支払うから、一年以内に車を手放した場合には、入れ替わった所有者がお金を支払わなければいけないということになります。

売却先が中古車買い取り専門店の場合は売却した際に所有者が支払いすぎた税金を返還してくれます。

要は所有権を手放した日以後の税金は、権利が移った所有権を持った人が納税義務を負います。

例えばあなたが10月の間にクルマを手放したケースでは11月以降来年3月中までの税金は返金されます。

というのは前述した通り自動車税は先払いであるという事実からもわかります。

まとめると前オーナーは売却先に自動車税を返金してもらうということなのです。

業者を介さずに愛車を引き取ってもらう際に、意外にこのようなことを忘れている方がよくいるので、きちんと確認をとるようにしなければなりません。

自動車税がクルマの売却で返金されるという事実を意外と知らない人が多い事を利用してその状況を悪用する買取業者も存在します。

こちら側から自動車税の返金についての話をしなければ、税金のことには言わないという場面もよく聞きます。

そのため車の買い取りをお願いする時には、払いすぎた税金が返金されることを確認することをおろそかにしないようにしなければなりません。

Category

リンク