-

自分の車の見積額を少しでも大きくするのには、、中古車を売却時期タイミングなども関係があります。

乗り換えを検討しているマイカーを多少でも無駄なく処分することを思いめぐらせれば、、注意するべきポイントがあります。

車の売却額査定の要点として重視されるものに走行距離があります。

少なからず走行距離はその車の寿命と見られることもありますので、走行距離というのは長ければ長いほど売却額査定には減点材料となります。

走行している距離が100キロと8万キロでは当然、査定対象車の売却金額は評価がことなります。

基本的には走行距離そのものは短いほうが車の売却額は増えますが、本当のところそれほど突っ込んだベースラインは存在しなく、定められたベースラインで査定額が決まります。

例えば普通車の場合年間で10000kmが基準としてこの走行距離以上走っているとたいていマイナス査定になります。

軽自動車だと年間標準走行距離が8千キロがまた年数の割には走行距離がとても小さいケースでも、買取額が上がるとは限りません。

一般的には年式と走行距離での売却額査定の留意点は年式にたいして適正な走行距離になっているかというところです。

査定対象車も当てはまりますね。

そしてその車の年式というのも、車の査定の小さくない留意点です。

十分わかっているという人がたくさんいるだと思いますが、年式は新しい方が査定をする上で有利なのですが、稀にですがその年式の車に希少価値がある車種は古い年式でも高額で見積してもらえることもあるのです。

また車検があります。

もちろん車検をするには現金が必要ですので車検に出すまでの時間が大きいほど見積額は高くなると感じると思いますが、実際、車検直前でも直後でも中古車の査定には全然関係がありません。

輸入車、電気自動車、故障車、といったような車両の状態も査定額に関係してきます。

車検時期が近付いてきた車は売り時としてもいいタイミングです。

反対に、査定を上げるために車検の後に査定を依頼しようというのは車検代が勿体無くたいして意味を持たないということになります。

その他にお店にマイカーを買い取ってもらうタイミングとしては2月と8月が狙い目と言われている時期です。

なぜなら自動車買取店の決算の時期がその前の3月と9月というところが多いためです。

ですので例えば、1月に売ろうと思ったらあとちょっと待って2月に車の見積もりを専門店に頼んで引き取ってもらうのも手です。

自らの都合もあるでしょうから、皆が皆こうした時期に買い取ってもらうなどというわけにもいかないのが実際だと思いますができるだけこういったタイミングを狙ってみると良いと思います。

Category

リンク