-

クルマの損害保険にはこの記事をお読みの方も知っているかと思いますが、等級という略称で呼ばれるランク付けドライバーに対してつけられます。75-19-37

略さずに言うとノンフリート等級別料率制度といい、保険の掛け金に甚大に関わっています。75-6-37

等級というのは、自動車保険への加入者の公平さを保つことが目的としておりトラブルを発生させてしまう危険性または車の損害保険を使う現実味がより大きければ大きいと見込まれるほど保険の掛金が増えます。75-9-37

逆にアクシデントを発生させる確度がより少なく、自動車の保険を使用すると考えにくい人に関しては危険度の低い被保険者だと認定されることで保険の掛け金が値下げされます。75-8-37

安全に自動車をりようする運転者の方が有利な枠組みであるので自動車事故を発生させてしまいやすい保険利用者には多少デメリットのある制度だといえます。75-13-37

等級という制度は、良い運転手と事故リスクがより大きい運転者の保険の掛金が一緒だと割高な金額を払わされていると思ってしまう人が多数なので、保険会社としても損を押えるために何が何でも必須の制度だと考えられるのです。75-12-37

では、等級という仕組みが詳しくは一体どういった機構なのか端的にご説明いたします。75-14-37

第一に等級の数には1等級に始まり20等級まで定められ、数が増えるたびに月々の掛金が低廉になるようになっていることを押えましょう。75-11-37

続いて、1等級?3等級の間については引き下げられず、逆に保険料は値上がりし、事故を発生させてしまい自動車損害保険を適用してしまうと等級が三つ下がってしまい、負担の大きい車の損害保険を払うことになることを避けられません。75-10-37

そしてまったく新規で車の損害保険に契約するときは6等級という位置からのスタートとなり、その時点から自分の数が減るのか増えるのかは運転者次第です。75-4-37

そのようなわけで保険料を安く抑えたい人は、事故を防ぐために安全運転に努めていくのがまずは一番大事だといえるでしょう。

Category