-

車の(全損)とは名称通り車の全部が故障してしまう状況で、つまり走行が出来ないように自動車としての機能をできなくなった時に用いられますが、自動車保険においての《全損》はちょっと違った意味が含まれています。自動車の保険のケースでは乗用車が破壊された時に「全損と分損」などと2つの状態仕分けされ《分損》は修復の費用が保険内でおさまる状態を表現し逆に〈全損〉とは修理の費用が保険額を上回ってしまう場面を表します。普通、乗用車の修理で【全損】と判断されると車の心臓、エンジンに重大な損害があったり、フレームがいびつになっていて修復が無理な場合、再利用か処分にするのが一般的です。ですが、自動車事故が起きて業者や自動車の保険屋さんがそのような修復のお金を予測した場合に、例え見た感じがきちんとしていて修理が可能な場面でも修復費が補償よりも大きければどうして自動車の任意保険に加入しているのか分からなくなってしまうでしょう。そのような状況では(全損)と結論付けて自動車の所有権を車の保険屋さんに渡して補償額を負担してもらう条件になっています。もちろんの事ですがかなりの期間運転した車で未練があり自分でお金を出して修復をしてでも運転したいとおっしゃる方はかなり存在するのでケースにて車の保険の会社と確認しあうといいかもしれません。自動車保険の種類によってはそういうケースが考慮されて特約等の『全損』の際に特約があるケースが存在し、たとえ自動車が《全損》なった場合でも車を買い換える等費用をある程度補償してくれるサービスもあります。なお盗まれた際の保険の特約をつけるならば、盗難被害にあった愛車が見つからないケースでも【全損】と扱われ、補償金が支払われる仕組みになっているようです。

Category

リンク